大分の話題

未来で乾杯!「おおいた喰らうどファンディング」を活用して大分市の飲食店を支援

インターネット上で資金を集めて大分市内の飲食店を支援する「おおいた喰らうどファンディング」

2020年5月14日(木)時点で目標金額の3,000,000円を上回っていましたが、5月31日(日)まではドシドシ募集中とのこと!

「おおいた喰らうどファンディング」とは

画像引用:sandwich公式ページ

『おおいた喰らうどファンディング』は、わたしたちに大きな日々の幸せを提供してくれていた飲食店を「いま」現金・応援の気持ちで支援し、「みらい」に食べ・飲みに行けるお食事券をリターンとした、飲食店への支援金を募るプロジェクトです。

引用:おおいた喰らうどファンディング公式ページ

主に新型コロナウイルスの影響を受けている大分市内の飲食店を支援する取り組み。

「飲食店にお金を前払いし、コロナが落ち着いてからすでに払ったお金で食べたり飲んだりしようぜ」ってイメージですね。

▼このスキームが非常に分かりやすい…!

画像引用:sandwich公式ページ

企画団体は大分県デザイン協会。

募集期間は2020年5月1日~31日。

「おおいた喰らうどファンディング」支援方法

画像引用:sandwich公式ページ

支援方法は

  1. 募金付きお食事券タイプ
  2. お食事券のみタイプ
  3. 募金のみタイプ

3パターンあり、それぞれ指定された中から好きな金額を選んで支援できます!

①募金付きお食事券タイプ

こちらは支援金額のうち一部(30~40%)が、応援したい店舗にそのまま寄付される支援。

例えば支援金額が5,000円の場合、リターンとして3,000円のお食事券がもらえ、2,000円はそのまま募金される仕組みです。

支援金は3,000~50,000円まで。

②お食事券のみタイプ

こちらは支援金額がそのまま、応援したい店舗で使えるお食事券としてもらるタイプの支援。

「応援したいお店でガンガン食うぜ!」って方はオススメ^^

というかリターンだけ考えればこの方法が最もオススメ。

支援金は3,000~50,000円まで。

③募金のみタイプ

こちらは寄付金として、本ファンディングの登録店舗に均等分配されるタイプの募金となります。

リターンとして、クリエイターオリジナルグッズ(?)がもらえるそうです。

「遠方にいてお店利用はできないけど、大分市内の飲食店を支援したい!」といった方がいましたら、こちらの支援がオススメかも。

支援金は10,000円~300,000円まで。

「おおいた喰らうどファンディング」支援手順

インターネット上で申請

sandwich公式ページ上で支援タイプを選んで【申込む】をクリック。

あとはクリック先で必要事項(メールアドレスや名前、住所等)を記入して送信すればOK!

支払いはクレジットカード決済となります。

銀行振込で申請

クレジットカード決済ではなく銀行振込でも支援できます!

以下の専用フォームで「名前や連絡先」「支援金額」等の必要事項を記載して送信すると振込先の口座番号が表示されることとなっています。

振込はこちら>>銀行振込申込みフォーム

現金持ち込みで申請

大分市府内町の「おおいたまちなか倶楽部」にて現金持ち込みによる支援も受付されています。場所はこのへん↓

住所:大分市府内町2-3-24
営業時間:9:00~17:00(平日)

「ネットでのやり方が分かりにくい!」といった方は是非こちらの方法でも。

おわりに

「今は行くのを躊躇するけど、先にお金を払っておいて落ち着いたら行く」

仕組みは単純ですが、地域の飲食店を手助けするにあたって非常に有効な手段だなと感じます!

単なるお金での支援ではなく、飲食店もコチラも双方が嬉しい企画ではないでしょうか(*´ω`)

▼テイクアウトでも飲食店を応援!

【持ち帰りグルメ】大分市中心部でテイクアウトできるお店の情報まとめ! 最終更新:5/21【全96店舗】 新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、大分市の各飲食店舗ではテイクアウトを始めておりま...
こちらの記事もおすすめ!